20代・今ドキ☆女子の気になること〜レーシック

トップpage > レーシックってどうなのさ!?

コンタクトは卒業・・レーシックのメリットとデメリットについて調べた

【メリット】

簡単に言えば、レーシックのメリットは眼鏡やコンタクトが不必要になることです。

 

眼鏡の装着感やコンタクトの手間がなくなることは日常生活がとても楽になるかと思います。眼鏡をかけているときの境目やコンタクトのズレを気にしなくてよいので特にスポーツを行っている人には大変有利な施術です。レーシックにより眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放され、気にしなくてよくなるので自分の能力を最大限に発揮できるため、スポーツ選手も数多くレーシックを行っています。

 

また、日帰りで施術が終わるので手頃に視力をアップさせることができます。特殊なコンタクトを用いて眼球を矯正させて視力をアップさせる施術もありますが、これは毎年行わなければなりません。しかしレーシックは一度施術を行えば一生涯効果が続きます。

 

【デメリット】

しかしデメリットもあります。デメリットは施術後すぐは角膜に炎症が起きやすいことやドライアイになることです。レーシックの仕組みは角膜をレーザーで削るため、施術後に稀に角膜炎になることがあるようです。角膜は目を保護する働きもあるためその部分が薄くなることで目が乾きやすくなることがあります。

 

また、最近では過矯正になってしまい施術前よりも光がまぶしく感じる人もいるようです。